第二期NLPプラクティショナー認定コース 2月より開催です

投稿日:2022/01/05

グリーンローズガーデンのNLPプラクティショナー認定コースへのご参加を迷われているあなたへ

NLPプラクティショナー認定コース

コースを担当しております渡邊正徳です。
もしもあなたがこれから、こんなことをやっていきたいと考えているのであれば、NLPはとってもお勧めです。

□ 人生を楽しく、前向きに生きていきたい
□ 周囲の人と調和したい
□ 自分の事を知りたい
□ 自分軸で居続けたい
□ 自分を好きになりたい
□ カウンセリング・コーチングをしたい
□ 好きなことを仕事にしたい
□ 自分らしいビジネスを始めたい


NLPを学ぶことで状況や、環境・存在レベルで自己を知る、高いレベルの自分と繋がる、相手の世界観を理解する、相手を自分と同じ変容に導く事ができるようになります。

あなたはご自身の事をどれだけ知っていますか?



もしも人生が楽しくない、苦しいと思っているのであれば、自分の事を知らなさすぎる事が原因です。

簡単に言うと、視力が悪いという事を知らなければメガネは掛けられないという様な感じです。

世界はぼやけているのが当たり前。

人の表情は良くわからなくて、本音を話しているのか、建前なのかわからない。
相手の良い所を褒めたつもりが、思ったよりも伝わらない。

視力の悪い人がメガネをかけたら・・・


世界の形がはっきりとわかる。


人の表情には微妙な違いがあって。
本音を言う時と、ずれた発言をするときでは違った顔をしている。

何を褒めたかによって、伝わり方にも違いがある。


自分の事を知ってれば、それに合わせた対応をする事で良い状態に持っていくことができます。
ですが、「知らない」というだけで良い状態すら考えられなくなってしまいます。



もしもあなたが視力が悪く、ぼやけた世界が当たり前だと思っていたら?


この世界を楽しむことは難しいですし、人とコミュニケーションとっていくことも難しく感じるかもしれません。


視力は正常な状態とぼやけた状態を知っているので気が付く事ができますが、その他はどうでしょう?



ご存知の方も多いと思いますが、スプーンとフォークを併用してパスタを食べる事は本場イタリアでは無作法とされています。
これは日本にパスタが伝わった時の経路に原因があるという説があり、アメリカの海軍がスプーンとフォークを併用してパスタを食べていた事に由来するそうです。

正しい使い方を知らない環境に身を置いていると、正しい使い方を知る事はできません。

同じように自分自身に対しても正しい扱い方を知らなければ、間違ったままになってしまいます。

食事の作法くらいであれば、間違っていても大きな問題となることは少ないですが自分の考え方やコミュニケーションとなると大きな影響を及ぼしていきます。

さらに周囲の人が心や脳の正しい扱い方を知らないからこそ、学ぶチャンスでもあります。

先日NLPプラクティショナー認定コースの第一期を終えたのですが、感想を聞かせて頂いて改めて素晴らしいと思ったことがありました。

それは・・・
また明日お知らせしますね。


NLP体験セミナーのご案内はコチラから

NLPプラクティショナー認定コースのご案内はコチラから

カテゴリー:NLP, イベント

タグ:, ,