深い絆で結ばれる

投稿日:2022/01/06

NLPプラクティショナー認定コースへのご参加を迷われている方へ知って頂きたいこと。


第一期を終えて改めて気付くことができました。

それは、


「一生ものの仲間に出逢える」

ということ。

コースの10日目、卒業式で様々なコメントを頂きました。

・自分を深く内観できた

・自分のクセがわかった

・中庸な状態を捉える事ができるようになった

・本当に進みたい方向に前進できるようになった

・無意識が現実に及ぼす影響がかわった

その中で共通していたコメントが「仲間との絆が深まった」というものでした。


大学を卒業すると、職場以外で長時間同じ目標に向かう機会は少なくなりますよね。
就職や結婚をすると会社や家庭以外の人との距離は開いてしまいます。

自分の内側にあるものを素直に話せる人って貴重ですよね。

コースでは様々な角度から、自分の中にある恐れや本当に欲しいものと向き合います。
真正面から自分と向き合う事で解放され、エネルギーへと変わっていきます。

自分自身の変化や仲間とのワークを通じて人の可能性を信じる事ができます。

思い返せば、かつての私自身もそうでした。

私はNLPを学ぶ時に2つの目標を決めていました。

 ・夫婦間の会話を深いものにする
 ・仕事で依頼事項を円滑に伝えられるようになる

参加すると、不思議なことに出会う人と共通点が見つかりました。私が見た共通点は”夫婦関係に問題を抱えている”ことでした。


自分を内観したり、外側から観察したり、誰かの気持ちを感じたり。

様々なワークを、夫婦関係に関するテーマで取扱っていきました。

あるワークで、父親の体の中から(離婚した)自分の姿を見た時。

涙がとまりませんでした。


小さかった息子が大きくなって。

本人の至らないところがあったにせよ、悩んで傷つきながらも前を向いて進んできたこと。

どんな状態だっていい。

頑張った。


胸のあたりがぐわっと熱くなって、唇が震えるばかりで言葉にならず。

愛おしい存在だ。


と初めて知りました。

父は冷静で、賢く、優しい。

だけど初めて、表面的に知っていた事の何倍も、愛情深い人間なのだと知りました。


仲間と共感したり、新しい視点を発見したり。
ワーク中だけでは話足りずに、お昼休憩や飲み会で沢山の事を話しました。

自分だけでなく、仲間にも起きている変化を感じる度に、人の可能性の大きさに感動しました。

今でもNLPの仲間とは連絡をとりあいながら、心の深いところの話をしています。

楽しくなってきたのでもう少しだけ続きます。
次回は深い絆を創る要素についてお伝えしたいと思います。


NLP体験セミナーのご案内はコチラから

NLPプラクティショナー認定コースのご案内はコチラから

カテゴリー:NLP, イベント

タグ:, ,