最高の現実を創る3ステップ

投稿日:2022/02/10

3ステップ

新型のウイルスが猛威を振るい、
職場のスタッフ1人が、
ご家族の罹患で自宅待機せざるを得ない状況になりました。

町の小さな診療所ですので
スタッフが1名欠けるだけでも結構ピンチなのです。

他のスタッフが
ちょっとずつ仕事を増やしてなんとかやっていきます。


そんな中、
別のスタッフから心揺さぶる報告を受けました。



「夫が高熱で、もしかしたら私
 濃厚接触者になるかもしれません。」


・・・!!?


「高熱!
 それは大変でしたね。」


「はい。
 明日には結果がでると思いますが、
 濃厚接触者になると
 8日間は出勤できなくなりますよね・・・」


高熱が出ているという事は
陽性の結果がかなり高い状況です。

ご家族が陽性者となったスタッフは
濃厚接触者になってしまいます。



スタッフが1人欠けている状態で
さらにもう1人出勤できなくなるなんて!!


頭の中がぐるぐる回り始めました。

有資格者にしかできない仕事と無資格者でもできる仕事を分けて、資格がなくてもできる作業を私が代わりにやって、スタッフ不足により患者さんごとの診療時間が長くなる事をアナウンスして、場合によっては受付できる人数を減らすことも考慮しつつ・・・


考えるほど気持ちが沈んでいき、

うつむいて、自分の靴が視界に入った所で
我に返りました。

「わかりました。
 ひとまずは結果を待ちましょう。

 必要な対応があれば、またお話しますね。」


と告げて
スタッフを職場に戻しました。



さて、どうしたものか・・・

最悪、私がスタッフとして入ればなんとかなりそうです。
その代わりに自分の仕事は滞ってしまいますが。

そう思うと、イライラが湧いてくるのを感じました。



どうして私の仕事が邪魔されるのか・・・



イライラのおかげである事に気が付きました。


「あ、この現実は嫌なんだ。」


気が付いたらやる事は1つ。



3つのステップで気持ちを入れ替えるだけ。


そして、気持ちを入れ替え
最高の現実を創るため、自分の仕事に戻りました。



何の対策もしないまま翌日を迎え、
スタッフから報告を受けました。


「結果、陰性でした。」


「そうですか、よかったですね。」


スタッフは濃厚接触者とならず
私も自分の仕事ができる
最高の現実を迎えました。



さて、ここからが重要です。


現実が嫌だと感じた時に行う3ステップ。
これをやるかやらないかで大きな差が生まれてきます。


嫌だと思い続けていると・・・


その事ばかりに意識が向いて
本来やるべきことができなくなってしまいます。


嫌なことに意識を向けていると
エネルギーが低くなってしまうので
ある意味、仕方ないですよね。


3ステップで気持ちを最高の状態に持っていくと


周囲を信じて、
目の前のやることだけに集中できるようになります。



『優秀な選手でなく、運のいい選手になりたい』
ある有名なメジャーリーガーの言葉です。

成功するために運の果たす役割はとても大きいのです。


ここで言う運とは、


自分自身が最高のパフォーマンスを発揮する時に
チームメイトも最高のパフォーマンスを発揮する事。

自分一人が頑張っても、
周りが実力を出せていなければ、
大したことはできません。



ところが、
全員が最高レベルまで力を出し切ったら・・・


大きな結果が生まれますよね!



周りにいる仲間を信じて
常に最高の状態で行動する。


その先に輝かしい未来が待っています。



最高の現実を創る3ステップ

1つ目は・・・

『現状を知る』


起きている事をそのままに把握します。
感情だけでなく、事実に目を向けるのがポイントです。



私の場合、起きている事を箇条書きでまとめていました。
 ・4日後まではギリギリの運営(5日目からスタッフ1名が出勤可能)
 ・明日から更に1名自宅待機になる可能性あり
 ・私がサポートすれば2名欠けていてもなんとか運営できる
 ・サポートに入ると自分の仕事ができなくなる
 ・今から増員はできない

スタッフからの検査結果によって2つの未来があるということがわかりました。
 陽性:私がサポートに入る
 陰性:通常通り仕事ができる



2つ目は・・・

『受け入れる』

現状を知ったら、
現実になった時に何をするかを決めます。


決める事で、
「嫌な現実が起きたらどうしよう!」という
余計なエネルギーを使わなくてよくなります。



私の場合、それぞれが起きた時に
何をするかを決めました。
 陽性:日中はサポート、残業して自分の仕事をする
 陰性:通常通りの仕事をする

決めると腹がくくられて
『やるしかないか』という気になります。



3つ目は・・・

『創造する』

最後に、今できる最高の行動を起こします。
どんな嫌な現実が起きたとしても、
やる事は決まっているのですから、


最高の事が起こる方向に挑戦していきましょう!



私の場合、本を読むことでした。

元々興味があって買っていた本。
仕事がひと段落したら読もうと思って置いていました。

仕事が最高にうまくいったら…
そう思った時に最初に浮かんだのが

この本を読む


というイメージでした。

仕事を終えて早速読み始めると、
やはり面白い!


色々なアイディアをもらうことができました。



まとめます。


自分にとって嫌な現実が予想できるとき
ネガティブな思いからエネルギーが大きく下がります。

低いエネルギー状態では
どんなことも問題に思えてしまいます。

3つのステップで気持ちを入れ替えることにより
最高の未来に向かうための取捨選択ができるようになります。


小さな心の平穏を取りますか?
最高の未来にたどり着くために行動しますか?


3つのステップを使う事で
望む未来が近づきます。



日々の選択が未来を創っていきますね。

ありがとうございました。

カテゴリー:NLP, イベント

タグ:, ,