並木良和先生と共にマリアラインを辿る旅 総集編

投稿日:2019/09/21

こんにちは、ナベです。
今日は2019.05.10-05.18に行われたスピリチュアル・カウンセラー 並木良和先生と共にマリアラインを辿る旅 フランスリトリート ~神聖なる女性性の覚醒~のダイジェスト版を書きたいと思います。
5分でわかる!みたいなノリでかきますので、詳細はまた別の機会に書きたいと思います。
初めて参加したリトリート、「①ルルドの泉」、「②サン・マリー・ドゥ・ラメール」、「③サント・ボーム洞窟」、「④メダイユ教会」、「⑤リジュー大聖堂・カルメル教会」と西へ東へフランス中を巡りました。

そもそもリトリートってなんだろう?と思いながら参加してみたところ、世間的には「パワースポット巡り」という言葉がしっくりくるようで。
帰国後に周囲の方々に説明したところ、「ああ、パワースポットに行ってきたのか」と言われまくりました。
うん、まぁ、わかりやすくていいけれど。。


行ってきました初めてのフランス!ボジュー!!(私にはこう聞こえる)
何見ても新鮮です。異国情緒あふれまくり!
浮かれていると、並木さんから今回の旅の参加者のつながりと目的の説明が。
どうやら、私たちはイエスの弟子の弟子(60人いるらしい)の集まりとのこと。
そして旅の目的は、「宗教的な痛みからを手放す」「真の女性性のグリッドの覚醒」「完全な自立(自分の心の声を頼りに生きる)」とのこと。
危ない、観光気分で浮かれてた!

①ルルドの泉

まずは、奇跡の泉でおなじみのルルドの泉
ルルドの泉のエネルギーを転写してもらったり、5時起きしてルルドの泉の水に浸かったりしました。ビバ修行!!

②サン・マリー・ドゥ・ラメール

聖サラから癒しのエネルギーを使う方法を授けていただきました。
自分でできることは自分でやる!まさに自立ですね。自分の世界だもの、自分でやらなきゃ!

③サント・ボーム洞窟

ここが彼の有名な並木さんの声帯に影響を与えた山です。
左の写真の中腹に見える(見えます?)教会で、マグダラのマリアが33年間隠居生活を送っていたそうです。
懐かしそうにしている方や元気に登っていく方など、様々でした。
ここでは宗教的な痛みを受けた過去生を解放するワークを行いました。
とても感動的で、みんなが喜んでそれぞれの過去生へ帰っていくところが印象的でした。

④メダイユ教会

奇跡の教会!(残念ながら教会内は撮影禁止でした)
ここでは奇跡のエネルギーを転写してもらい、簡単に奇跡を起こせるようになりました!
お陰様で毎日の車通勤も渋滞知らずです(笑)

⑤リジュー大聖堂・カルメル教会

そして今回の旅の最終目的地、カルメル教会。
各地を巡って集めてきた糸から真の女性性のグリッドを編みました。
古い女性性のグリッドを壊し、新しい、真の女性性のグリッドにつながって生きる。
新しい自分で新しい世界を生きる。そんな決意と共に帰国してきました。

殆ど旅行に行かない出不精な私が旅を終えてみると、もっと色々なところに行きたいと思うようになっていました。
「惹かれるところに行ってってごらん、そこには過去生の自分がいて、その魂を回収できるよ」
そんな言葉を思い出しました。

旅の思い出、実はめちゃめちゃ沢山あります。
景色は綺麗だし、料理は美味しいし。
今度時間を見つけてじっくりとそのあたりを書いてみたいと思います。

カテゴリー:研修

タグ: